今だけ!『10分で1000円もらう方法』⇒CLICK

『ブルーオーシャン戦略』と藻谷ゆかり著『衰退産業でも稼げます』を読んで自営業を営む実家に思いを馳せた

私の両親は2人で婦人服屋を営んでいる。

戦後に祖父が創業し、70年の歴史はあるものの、現在は売上がだいぶ落ちている。

現在のアパレル業界といえば、ユニクロやZARAなどの巨大企業が圧倒しているイメージが強い。

そんな中、私の実家のような零細起業に勝ち目はあるのか、そもそもまず存在意義があるのか、などと悶々としていた矢先に、表題の2冊と出会った。

\ Kindle Unlimitedなら0円! /

目次

『ブルーオーシャン戦略』

「ブルーオーシャン戦略」とは、未知の場所を開拓する戦略のこと。

ブルーオーシャンの逆はレッドオーシャン。

レッドオーシャン:既知の市場
ブルーオーシャン:未知の市場

ブルーオーシャン戦略の例

ユニクロ

ヒートテックの発売。
ダサい、おじいちゃんかが着るという防寒下着のイメージを覆した。

俺のイタリアン

立食で回転率UP・客の収容人数UP

qbハウス

シャンプー、マッサージ省いて10分1000円カット

jins pc

「メガネは目が悪い人のもの」という常識を破壊。

視力矯正のみの市場からファッション、健康市場へ。

ブルーライトカットや目の健康を維持する眼鏡、花粉カットメガネなど。

オフィスグリコ

店舗ではなく、職場にboxを置いて無人販売方式の導入。

クックパッド

プロの料理人でなく普通の主婦に投稿してもらうことで低単価で情報を集めることが可能に。

パーク24

銀行の駐車場を、営業時間外は普通の駐車場にする。

カーシェアの開始。

次のドライバーが車内が綺麗だと評価すれば前のドライバーにポイントが入る。こうして清掃費節約。

受験サプリ


予備校へ行くことが常識の中、ネットで、月額制で、低価格で受講できるように。

経済的状況、地理的問題をぶち壊す革命。

その他

昼はカフェ、夜はバーみたいに賃料無駄にしないなどの発想

上記のように、新しいことを考え、誰もやってないことをすればジャイアントキリングが起こせるし、一時的に優位に立てる。

しかし、時間がたてば競合が参入し、レッドオーシャンとなってしまう。

\ Kindle Unlimitedなら0円! /

『衰退産業でも稼げます』

ローテク産業のイノベーション事例を紹介した本。

ローテク産業の例は商店、旅館、農業、伝統産業など。

イノベーションのキーワードは

  • ビギナーズマインド
  • 増価主義
  • 地産外招

イノーベーションの例

こと京都

九条ネギは、本場の京都ではレッドオーシャン。

だったら東京に売り込む。当時、東京はブルーオーシャンだったのだ。

唐沢農機サービス

田舎は客よりも自社の都合を優先するなど、多少ナンセンスな企業が多い場合がある。

そこに都会基準のハイクオリティな顧客対応をもってくる。つまり田舎はブルーオーシャン。

旅館

田舎の旅館業はローテクの傾向がある。

例えば、宿泊客の予約表や帳簿を手書きでノートに書くなど。

そこで、テクノロジー武装を推し進め、ハイテク旅館へ変身。

京和傘日吉屋

価格が高い・使い勝手が悪い等でオワコン化しつつあった和傘を、アートとして海外展開。

どうやったらブルーオーシャンに行けて、イノベーションを起こせるか

どうやったらブルーオーシャンに行けて、イノベーションを起こせるか”

これがわかったら苦労しない。だれも思いつかないからブルーオーシャンなのだ。

ただ、これをやったらブルーオーシャンに行ける可能性が上がりそうなアクションは以下の通り

  • とにかく行動する。現状に満足しない。学ぶだけで満足せずアクションする。
  • リスクを負う。リスク負った方が人生面白いし。日本は社会保障制度が手厚いのでミスっても死ぬことはない。プライドを捨てて行動する。
  • 場所をかえる。自分の近くでは当たり前だけど、遠くにいったら当たり前じゃないかも。遠いところにブルーオーシャンがあるかも。
  • テクノロジー武装。最新の信頼できる情報を手に入れ、未来をできるだけ正確に予測して最新鋭の武器で戦おう。

\ Kindle Unlimitedなら0円! /

友達や実家のこと

友達のこと

小学校の時の友達が、仕事をやめて帽子の学校に入った。

リスクを負って自分の夢に向かって歩む姿に私は心を打たれた。

しかし、彼は日本最大のファッションの専門学校に入学したものの、帽子科の生徒は4人だけだったという…。

日本は湿度の問題などで帽子の需要が海外と比べ少ないことも関係しているらしい。

日本の帽子業界はブルーオーシャンかも。

ざっくりだがどんな帽子がいいのか考えた

ファッションだけでなく頭皮の健康増進にもつながる、防寒や、帽子かぶってるのにむしろ涼しいみたいな。

禿げにくくなるとか。寝るときに被ると寝癖ができないとか、次の日にやりたい髪型になってるとか。パーマとか。

なのに蒸れない。

帽子は保管が大変なら、サブスクにして、月額何円で変え放題とか。

そして、私の実家の生存戦略。

実家は婦人服屋。

けれど売上落ちまくり。

ざっくりとした案

ファッションから機能性ウェアへ→リカバリーウェア、防寒、涼しい、あったかい。

夜は違う店にして貸すとか。

ぱっと思い浮かぶのはこれくらい。

ブルーオーシャン戦略について考察を深めていこうと思う。

\ Kindle Unlimitedなら0円! /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね!
目次
閉じる