今だけ!『10分で1000円もらう方法』⇒CLICK

【完全版】プログラミング学習のはじめ方(初心者向け)

この記事では、

  • プログラミングに興味があるけど、どのように学習したらいいかわからない
  • そもそも学習する必要があるのかわからない

という方に向けて

  • プログラミングを学ぶメリット
  • プログラミング学習のはじめ方

についてわかりやすく解説します。

目次

そもそも、プログラミングとは


プログラミングとは、「コンピューターに指示をだすこと」です。

プログラミングに関連して「プログラミング言語」というワードがあります。

日本人と喋るには日本語。

アメリカ人と喋るには英語。

これと一緒で、コンピューターと喋るには(コンピューターに命令するには)「プログラミング言語」を使います。

プログラミングを学ぶメリット・デメリット

次に、プログラミングを学ぶメリットとデメリットについて説明します。

プログラミングを学ぶメリット

まずはメリットからです。

プログラミングは、教養として学ぶだけでも

  • 論理的思考力がつく
  • Webサイトが作れる、アプリケーションが作れる

というメリットがあります。

そして、プログラミングを仕事にすることができれば

  • 収入が上がる(エンジニアの需要が高いから)
  • 自由な働き方ができる(独立しやすい、時間場所にとらわれない)

というメリットもあります。

プログラミングを学ぶデメリット

次に、デメリットです。

プログラミングをデメリットは、

  • パソコンがないとできない
  • 通信費がかかる
  • スクールに行ったらコストがかかる

等です。

要は、「お金がかかる」ということですね。

ただ、「通信費はフリーWifiで」、「スクールに行かず独学で」という選択肢をとれば費用は下げられます。

なので、正直、プログラミングを学ばない理由はないです。

プログラミング学習に必要な道具

先程言ったように、プログラミング学習にはパソコンが必要です。

おすすめのパソコンはMacbookPro13.3インチです。


理由は

  • 性能が良いから
  • エンジニアはMacユーザーが多く、ググった時に出てくるのはMac向けの記事が多いから

です。

とはいえ、値段的に厳しければWindowsでも大丈夫です。

ちなみに、Mac含め、Apple製品をお得に購入する方法はこちらの記事で解説しています。

学ぶプログラミング言語を決める(オススメ言語は?)

人の話す言語が「日本語」、「英語」だけではないように、「プログラミング言語」は無数にあります。

できるだけ簡単に、すぐ稼ぎたい人にはWeb系言語(HTML・CSS・JavaScriptなど)がおすすめです。

学習方法

学習方法は独学か、人に教えてもらうかです。

1.独学


動画や参考書で勉強します。

最初はプログラミングの楽しさを知ることが大事です。

まず「Hour of Code」にアクセスしてみてください。どれでも良いのでサイト内のコースを一つやってみてください。

私の人生はここから変わりました。

楽しさが分かったら本格的な学習を始めましょう。

おすすめの学習サイトは「Progate」です。

参考書でしたらこちらがおすすめです。私はこの本で学習しました。

独学の方法については、こちらの記事で詳しく解説しております。

2.スクール

一人で学習することに限界を感じる人であれば、プログラミングスクールを利用するのもありです。

プログラミングスクールには

などがあります。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

就職or独立


学習が終われば就職や独立が可能です。

1.就職

転職会議リワークスなどの就職・転職サイトを活用するか、自分でホームページから直接エントリーするなどで就職ができます。

2.独立

ランサーズクラウドワークスなどで仕事を探すか、会社や友人に営業して仕事をもらうというやり方があります。

営業については、こちらの記事で解説しております。

まとめ

このように、プログラミングを学ぶメリットは無数にあります。

  • リモートワークが可能(どこにでも住める)
  • エンジニアになることで価値観が変わる・世界が広がる
  • 仕事が楽しい(仕事という感じがしない。遊び=仕事になる)
  • 会社に縛られない、自由な働き方ができる

さあ、私と一緒にプログラミングを学んでいきましょう!


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね!
目次
閉じる