今だけ!『10分で1000円もらう方法』⇒CLICK

佐々木典士著『僕たちに、もうモノは必要ない』で競争社会でも楽しく生きる方法がわかった。

佐々木典士著『僕たちに、もうモノは必要ない』を読むことで、競争社会でも楽しく生きる方法がわかった。

肩の荷がおりたような気がする。

そんな思いを共有しようと思い、この本を紹介するに至った。

\ Amazonオーディブルなら0円! /

\ Kindle Unlimitedでも無料で読めます! /

この本の中で特に印象的な2 つのエピソードを紹介したい。

目次

「デフォルトモードネットワーク」

みなさんは、この「デフォルトモードネットワーク」というものをご存知だろうか?

これは、「何もしていない、ぼんやりしているときにだけ働く脳の領域」の名称だ。

私は思っていた。

何もしない、ぼーっとしているのは無駄な時間だ」と。

かつての私は、自分の市場価値を高めるため常に頭をフル回転させ、インプット、アウトプットに全力を捧げた。

YouTubeや本やブログで情報収集した。必死になってホリエモンや両学長、マコなり社長、イケハヤ大学、マナブなどのチャンネルを見た。

移動中や家事の時は音声メディアを利用した。耳だけでインプットしまくった。

インプットしたらスマホのメモにアクションプランを書いて行動しまくった。(アウトプット)

とにかく必死だった。

しかし、最近、「ぼーっとする」=「デフォルトモードネットワーク」の必要性が科学的に証明された。

ぼーっとしたり、ゆったりと物事について考える時間。

そんなゆったりとした時間も重要だったのだ。

例えば、

  • アルキメデスが浮力の発見をしたのは、お風呂でぼーっとしていた時。
  • ニュートンがリンゴを見て重力を発見したのは、何日もぼーっとだらだらしていた時。
  • 仏陀が目覚めたのは木の下でゆっくり瞑想していた時。

ぼーっとしたり、瞑想したり、ゆっくりする時間が私にも必要だったのだ。

一瞬で不幸になれる方法

「一瞬で不幸になれる方法」

それは、自分を誰かと比べること

SNSやYouTubeなどで活躍している同世代を見ると、とてつもない劣等感を抱く。

けれど、誰にでも自分より優れた人がいる。上には上がいる。

比較して劣等感を抱くことに意味はない。

ホリエモンが言っていた。

「活躍していて悔しいと思う人がいたら、その人のスゴいと思う点を真似しよう。」

広瀬香美が言っていた。

「人生はRPG。それぞれ別のゲームをやっているだけ。だから嫉妬はうまれない。
自分にしかプレイできないRPGを楽しもう。」

残り物をあさり、あてもなく夜道をぶらつく。
そんな生き方をしていても野良猫は自殺しない。誰かの目線を気にして、自分を恥じることがないからだ。

自分らしく生きよう。

\ Amazonオーディブルなら0円! /

\ Kindle Unlimitedでも無料で読めます! /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね!
目次
閉じる