今だけ!『10分で1000円もらう方法』⇒CLICK

プログラミングは勉強しすぎないほうが稼げる話【早く営業しよう】

タイトルの通り、プログラミングは勉強しすぎないほうが稼げます。

ただ、これは「勉強しなくて良い」という意味ではなく、

基礎学習を終えたら、すぐ営業し、実践に移ったが上達も早いし結果的に稼げる

という意味です。

これについて詳しく解説していきます。

目次

学習は必要最低限だけでいい

基礎学習は必須です。ただ、やりすぎる必要はありません。

さらっと基礎を学んだら模写をして、ポートフォリオ作成に進みましょう。

学習は必要最低限で良いのです。

模写は、以下の記事にあるのだけやれば充分です。

模写やポートフォリオ作成でかなりつまずくと思います。わからなすぎて、かなり苦しむと思います。

けれど、これが正しい学び方です。わからなくなったら、そこで調べれば大丈夫です。

知識は、必要になってから学べば良いのです

そのほうが、効率的に学べますし、記憶も定着しやすいです。

営業しよう

模写をいくつかして、自分のポートフォリオをつくったらすぐに営業しましょう。

ただ、すぐに実行する方は少ないと思います。

なぜなら、怖いから。自分に自信がないから。(私もそうでした)

  • ちゃんと案件をこなせるかな
  • もっと勉強してから営業しようかな

そう考えて営業を先延ばしにするのは「駆け出しエンジニアあるある」です。

けれど、勇気をだして営業することをオススメします。

遅かれ早かれ、どのみち営業はすることになるのです。

営業しないとお金は貰えませんから。

なので、すぐに営業しましょう。

営業方法は以下の記事で解説しています。

自信がなくても営業した方がいい理由

人は、追い込まれると爆発的な力を発揮します。

多少実力が足りなくても、思い切って営業し、「できます」と言いましょう。

そのうち、案件を貰えます。

たぶん、その案件はあなたの実力を遥かに超えたものです。

キャパオーバーです。

やり方がわからなくて、めちゃくちゃ苦しむと思います。

案件ほっぽりだして、逃げたくなると思います。

けれど、ここがチャンスです。

  • 案件を貰って、けれどやり方がわからなくて、だから必死に調べてコードを書いている時。
  • 尻に火がつき、狂ったようにパソコンにかじりついている時。

あなたは爆発的に成長しています。

基礎学習や自主学習の時とは比べ物にならないくらい、爆速で成長します。

  • 必死さが違うから
  • 追い詰められてるから
  • 納期があるから
  • お客さんの笑顔が見たいから

そして、

  • お金がかかっているから
  • 家族がいるから
  • あなたの人生がかかっているから

やるしかないんです。

できなくても、お客さんの前では爽やかに「できます」と言って、家帰って必死に調べる、必死で泥臭くもがく、というのがプロのエンジニアあるあるです。

これは、私の実体験でもあります。

結果的に、お金をもらいながら勉強ができちゃうのです。

※どうしてもわからない技術については質問しましょう。
MENTAは有料ですが、terateiruであれば無料で質問できます。

まとめ

基礎学習は程々にして、早く実践に移ろう」という話でした。

いつかは営業することになるのです。

だったら早いうちにやりましょう。

そして、苦しみながら爆速で成長しましょう。

気づいたら、目の前には壮大な景色がひろがっているはずです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね!
目次
閉じる