今だけ!『10分で1000円もらう方法』⇒CLICK

現役エンジニア直伝!ポートフォリオの作り方(パクって大丈夫です)

  • 営業をするためにポートフォリオを作りたいんだけど…
  • どうやって作ったらいいかわからない
  • 簡単に作れる方法ないかな…

プログラミング学習がすすみ、ポートフォリオ作成に取り掛かる駆け出しエンジニアが「結局どう作ったら良いかわからない」と挫折してしまうケースが非常に多いです。

私自身ポートフォリオをつくる際に挫折や失敗を繰り返し、かなりの遠回りをしてきました。

そこでこの記事では、初心者の方にもわかりやすく「ポートフォリオを作る方法」、「ポートフォリオに必要な要素」を解説します。

私が使用していたポートフォリオも紹介するのでそれを真似してもらっても構いません。

この記事を読めば「ゼロからポートフォリオを作成するために本当に必要な手順」が全てわかります。

目次

そもそも、ポートフォリオとは

まずは、「そもそもポートフォリオとは何か」というところから解説します。

ポートフォリオとは『自身の技術や知識のレベル、これまでのキャリア、実績などを示すために、これまでに手掛けてきた成果物を示す「作品集」「制作物集」のこと』です。

フリーランスとして仕事をとっていく際は、ポートフォリオ作成が必須になります。

なぜなら、ポートフォリオ以外に、あなたの技術力を証明できるものはないからです。

あなたが誰かに仕事を依頼する時、実績がない人には依頼したくないですよね。

そのため、技術・実績を証明するものとしてのポートフォリオが必須になります。

ポートフォリオの作り方

ここからは、ポートフォリオの作り方について解説していきます…

と言いたいところですが、ぶっちゃけ、ポートフォリオはパクリでいいです。

なぜなら、初心者が0からオリジナルサイトを作るのはかなり厳しいからです。

もちろん、オリジナルで作っても大丈夫です。

ただ、この世にポートフォリオはごまんとあるので、オリジナルを追求しても、どうしても既存のものに似てきてしまいます。

なので、既存のものをオリジナルに作り変えることをオススメします。

好きなサイトを探して参考にすれば良いのですが、「探すのめんどくさい」という方は、私のを参考にして大丈夫です。

私のポートフォリオ(リニューアル前)

このレベルのポートフォリオでも30万の案件を受注できたのでご安心ください。

「これじゃダサすぎる」という方はリニューアル後のポートフォリオを参考にしていただいても大丈夫です。

私のポートフォリオ(リニューアル後)

私のポートフォリオのデザインをパクりつつ、文章などを変えていってください。

ポートフォリオに載せるべきものは

  • 作品集
  • スキル
  • 価格
  • 自己紹介
  • お問い合わせフォーム

です。

上記の点を踏まえ、私のポートフォリオをパクる前提で作成手順の解説をしていきます。

作品集

あなたの実績である「作品集」を載せましょう。内容は、模写コーディングしたもので大丈夫です。

+αでWordpress案件も受注したい方は、Wordpressの実績も載せましょう。

以下の本ではおしゃれなサイトを作りながらWordpressの構築ができます。

私は、この本で作ったものをポートフォリオに載せました。

また、私のポートフォリオでは、Bootstrap5のグリッドを使って作品集を並べています。

グリッドを使えば、簡単にレスポンシブ対応ができますね。

スキル

作品集だけあっても、あなたが実際にどんな技術を持っているのかわからないため、スキルも明記しましょう。

私のポートフォリオでは、スキル名の上でFont Awesomeを使用しています。

価格

価格も必ず明記しましょう。

例えば、レストランのホームページを見る時、価格が書いてなかったら戸惑いますよね。

相手のためにも、大体で大丈夫ですので価格を書きましょう。

また、できればトップページには書かず、クリックで価格ページへ飛ばすことがオススメです。

トップページに価格があっては、商売臭が強く、生々しいと感じる人もいるので。

私のポートフォリオでも価格表は別にしています。

こちらもBootstrap5を使用しました。

自己紹介

自己紹介も必須です。

できれば顔写真も載せましょう。

自分が誰かを伝えることで、相手に安心感を与えることができます。

私のポートフォリオでは、「プロフィール詳細ページ」を設けています。

このページをつくるかは好みですが、

  • もう1ページつくるにはどうすればいいのか?
  • 他のページにもスタイルシートを読み込ませるにはどうしたらいいのか?

ということも学べるので是非作ってみてください。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームも必須です。

あなたのポートフォリオページにたどり着いた方が「あなたに発注したい」と思ったとします。

しかし、お問い合わせフォームがない。

「どこに連絡したらいいねん!」

ってなります。

お問い合わせフォームは必ず設置しましょう。

ただ、お問い合わせフォーム作成にはPHPが必要になります。

PHPに自信がない方は、PHP工房さんのお問い合わせフォームを使わせてもらいましょう。

ポートフォリオは、サーバーで公開しよう

ポートフォリオができたら、レンタルサーバーで公開しましょう。

おすすめレンタルサーバーはエックスサーバーです。

サーバーに公開しないと誰もポートフォリオを見ることができません。

また、サーバーを扱う技術は、仕事をする上で必須になります。

ほとんどの案件が、サーバー公開までセットですから。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ポートフォリオを作成するだけでも、かなり勉強になるはずです。

ポートフォリオができた方は自信を持ってください。

あとは営業をするだけです!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね!
目次
閉じる