トルコのe-Devlet登録方法を解説!イカメット更新や銀行口座開設に必須!

e-Devletとは、トルコの行政手続きをオンラインで行えるシステムです。

e-Devletを登録しないと、イカメット更新や銀行口座開設もできません。e-Devletはトルコ国民だけでなく、外国人にも登録必須なサービスです。

この記事では、e-Devlet登録方法を解説します。

目次

e-Devletとは

e-Devletとは、トルコの行政手続きをオンラインで行えるシステムです。

e-Devletを登録しないと、イカメット更新や銀行口座開設もできません。

≫e-Devlet公式サイトはこちらから

ちなみに、e-Devletに登録しただけでは、イカメット更新や銀行口座開設はできません。

e-Devletに加え、「住所登録」が必要となります。

住所登録については、記事後半で解説します。

e-Devlet登録方法

次の手続きでe-Devletを登録できます。

  • PTT(郵便局)で仮パスワードをもらう
  • e-Devletにログインする

PTT(郵便局)で仮パスワードをもらう

まず、PTT(郵便局)で仮パスワードをもらう必要があります。

家の近くのPTT(郵便局)へ行き、「e-Devlet şifresi almak istiyorum(e-Devletの仮パスワードを発行したい)」

と伝えます。

自分の電話番号(トルコの電話番号)を伝えると、SMSで仮パスワードを発行してもらえます。

仮パスワード発行代として、2リラかかります。

e-Devletにログインする

次のe-Devletログインページに仮パスワードを入れ、ログインしましょう。

≫e-Devletログインページはこちらから

新規パスワード作成を求められるので、新しいパスワードを設定しましょう。

お疲れ様です!これでe-Devlet登録完了です!

ちなみに、スマホで操作する時は、e-Devlet専用アプリの方が使いやすいです。

≫e-DevletのiOS用アプリはこちらから

≫e-Devletのandroid用アプリはこちらから

e-Devletで住所を登録する方法

e-Devletに登録しても、なぜか住所だけは自動で登録されていません。

住所登録には、

  1. 移民局(Göç İdaresi)に行き、サインつきの紙をもらう
  2. 人口局(Nüfus)で住所登録

が必要です(イカメット取得後、取得から20日以内に住所登録をする必要があります)

移民局(Göç İdaresi)に行き、サインつきの紙をもらう

移民局(Göç İdaresi)に行き、サインつきの紙をもらいましょう。

  • イカメット
  • パスポート
  • notarizedされた賃貸借契約書
  • Nmarataj(住所が登録されていることを証明する紙)

を持って移民局(Göç İdaresi)に行き(2022年現在、事前予約は必要ありません)、「adresimi kaydettirmek istiyorum(住所登録をしたい)」と言いましょう。

担当官のサインが入った紙をもらえるはずです。

イスタンブールの場合、Fatihにある移民局(Göç İdaresi)へ行ってください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる